自己破産という債務整理の方法

###Site Name###

借金をしてうまく返済することができればいいのですが、返済できない場合は債務整理をするべきです。債務整理にもいろいろな方法がありますが、その中でも自己破産という方法があります。



この自己破産は支払いが不能になり、その旨裁判所に認めてもらうことで法律上借金の支払い義務を免れる方法です。



自己破産は同じ債務整理である任意整理や民事再生などと違い、完全に借金をチャラにすることができる点に大きな特徴があると言えます。


ただ、債権者としては、債務者が自己破産をしてしまえば、そこから債権を回収することができなくなってしまいます。
しかも、裁判所が介入して法的に認められた手段ですので、債権者としては泣き寝入りをするしかなくなるわけです。
ですので、債務者としてもお金を貸してくれたいわば恩人のような相手との約束を反故にするのですから、安易に自己破産はするべきではないと言うのが一般的な認識です。



では、自己破産のメリットとデメリットはどうなっているでしょうか。まず自己破産のメリットは、毎月の支払いがなくなることにより、精神的な負担がなくなるという点です。

その反面デメリットもあり、一つは現在価格20万円を超える財産や99万円を超える金銭は原則として処分されます。
相手の債権を帳消しにするぐらい迷惑をかけたのに、自分の財産を持ち続けることができるわけがないのです。

また、自己破産中は資格を有する職に就くことができなくなります。