フリーランスの休日はどうなっているのか

バナー

フリーランスの休日はどうなっているのか

会社員の場合、休日は会社が定めた曜日が原則となります。


もちろん、有給休暇を取得することで、多少は自由に休むこともできますが、基本的には休める日は決まっているわけです。

All Aboutの情報を提供中です。

そのため、旅行に行ったり趣味を楽しんだりする場合でも、制約された中で行わないといけないのです。
一方でフリーランスの場合は、基本的に休日は自分で自由に決めることができます。


なぜなら、いつ仕事をしなければいけないという決まりはないので、いつ休んでもそれは本人の自由なのです。

フリーランスについて真剣に考えてみました。

もちろん、仕事を引き受けた以上は、責任を持って納期までに終わらせないといけません。
でも、逆に言えば納期までに終わらせることができるなら、1日何時間働くのか、いつ休むかは自分で決められるわけです。

このように、フリーランスの仕事なら好きな時に休むことができるため、趣味や旅行なども自由に満喫することが可能となります。


むろん、業務の内容やジャンルによっては、多少の制約があったり休めない日もあったりするでしょう。

ただ、それでも会社員と比べれば遥かに自由であることに変わりはありません。

もしも、業務を終えるのに150時間かかる仕事があり、納期が1ヶ月後だったとすれば、1日10時間ずつ15日連続で働き、残りの半月を丸々休みにすることもできるわけです。

フリーランスの仕事は、仕事の計画やプランも自分で自由にスケジュールすることができるため、プライベートもしっかりと確保することができるのです。